【スパロボDD】ユニット(私的)短評

初心者向け攻略の道標

ユニット短評③

エヴァンゲリオン初号機

ロボアニメ史にその名を刻んだ『新世紀エヴァンゲリオン』、その主人公機である。

どういうわけか代名詞とも言える心のバリア【ATフィールド】を持っていない。

そのうえ機体サイズLで他と足並みを揃えづらい割に防御が柔らかく油断するとすぐに撃墜されてしまう。また、ユニットがバランス型なことで支援によるステータス補正もかけづらく、通常武器が実弾で刺さるステージが少なめと、他のユニットの悪いとこどりのような性能をしている。

一応、パイロットのシンジの精神コマンドは攻撃にかなり特化しており、精神を育てきれば暴走したのか?と思わんばかりの圧倒的な火力で敵をねじ伏せてくれるだろう。

…もっとも、そこまで精神本をつぎ込むのにはかなりの愛が必要だろうが。

Zガンダム

過去のスーパーロボット大戦においても後半には性能不足になりがちなZガンダム。

今作でも通常射程3・SSR必殺射程4のビームが便利であるものの、そもそもビームは先輩パイロットが操るνガンダムがより扱いやすかったり、他にライバルが非常に多い。さらに機体タイプが命中&回避であることから改造後半ステージでは火力不足気味に…

また、SSR武器の【ハイパー・メガ・ランチャー】の反撃時に攻撃力が上がる効果を活かせるほど回避ができるわけでもないのが残念。

機体のセールスポイントであるはずの変形機能も何故かなくなってしまっていることから、総じて上記のエヴァ初号機と合わせて本作の不遇機体の一つであると言えるだろう。

一応、精神コマンドを育てきることができれば突撃熱血神速で火力を爆上げすることができたり、神速集中で超回避ができたりもするのだが。

サイコガンダム

Zガンダムが参戦した時には大体一緒についてくるメタスを差し置いて参戦した超大型可変モビルアーマー。(今作ではやっぱり変形しないけど)

現状、SSRが未実装なため、よほどのサイコガンダムファンでなければ使用する人は少ないだろうが、一致支援が最初からある攻撃・防御型であり、パイロットのフォウの初期精神が信頼、レベル2で感応を取得するなど、ポテンシャルを秘めている機体と言えるだろう。今後SSR武器が実装されることがあれば大化けの可能性もあるはずだ。

νガンダム

日本一有名なロボットアニメのパイロット、アムロ・レイの操るニュータイプ専用モビルスーツ。

まず何と言っても通常射程4のビームというのが超強力。敵の反撃をほとんど受けないため常時ひらめきをかけて攻撃しているようなものである(ある意味原作再現)。
その性質上パイロット養成で防御と回避をあまり伸ばさなくても問題なく使えるのも嬉しいところ。

更に今後、代名詞ともいえる武器『フィン・ファンネル』の実装も予想できるため伸びしろも十分と、ニュータイプの面目躍如と言える強機体である。

ユニコーンガンダム

全身にサイコフレームを搭載した一本角ガンダム。今作では『逆襲のシャア』でのアクシズ落としの前に開発されているようだ。アナハイム・エレクトロニクス社の開発力すごい。

サービス開始当初は中途半端な攻撃&回避型でいまいちな評価であったが、相性抜群の一致支援『故郷への想い』の実装と二つ目のSSR武器『ビーム・マグナム連射』の実装で一気に強力機体に。

支援による回避力の向上により前線に出しやすくなったうえ、『ビーム・マグナム連射』の武器効果でボス相手にも回避壁をこなせるようになった。メイ・ウー様様である。

他のパーツで一気に実用度が上がる様はまさに「可能性の獣」というべきか。

ブラックゲッター

分離合体機能を外したゲッター1。大気圏突入の際に焼け焦げ、黒色になったようだ。ゲッターといえば腹部からのビーム…なのだが、今作では今のところビーム攻撃はない。

通常射程3の斬撃はとても便利であるが、なんといっても特筆すべきはSSR武器『ゲッタースパイクブレード』のメイン効果の「ブレイク状態の敵ユニットとの戦闘時、与ダメが14%アップ」だろう(数値は特性重ね無し)。ただでさえ高い攻撃力が存分に底上げされるため、ボスキラーとして活躍できる。

パイロットの竜馬の精神コマンドも使いやすいものが揃っており、アタッカーとして存分にその力を奮うことができるだろう。装甲がやわらかいのはご愛敬。

次のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました